$ドル ¥日本円

(オプション)行政書類受取のためのレンタル・アドレス・サービス

通常価格 $550.00 USD

起業をするにあたり、登記書類や、将来の税務書類を受け取る住所が必要となります。多くのお客様はアメリカに正式な住所がありません。

レンタルアドレスは1か月$50の12か月契約のサービスとなります。但し「1か月目は無料!」と、特典がついています。

$50 x 12 か月 → $550 / 1年
※ 1クールが12か月契約となります。

起業・会社登録用の住所のレンタルとなりますので、行政または税務書類のみの受取となり、お客様と委任状契約を行いますので、受け取る書類は随時スキャンにてお客様へメール転送いたします。大切な書類と判断するものに関しましては転送することも可能ですが、切手・郵送代など必要な経費はご負担いただきます。

<エージェントが必要な例>

  • まず起業登記を行い、ゆとりをもってアメリカ進出の準備を進める予定のため、まだアメリカに起業を登録する住所を持っていない場合
  • アメリカ進出に伴い、会社設立や事業展開に集中したいので、郵便物などをしっかりと管理する余裕がない。色々な地域を飛び回って、不在になっている可能性の方が高い。
  • アメリカと日本を行ったり来たりしており、起業、ビジネス登録に関しての書類を管理するゆとりがない。
  • LLCやCorporationの登記の場合にアメリカに居住している人を選任せよと指示があったけれども、自分もまだアメリカに長期滞在しているわけではなく、友人たちも引っ越しをする可能性などがある。州認定のエージェントで、日本語も使えるサービスの方が将来的に有利だと判断している。