$ドル ¥日本円

(オプション)訴訟書類等送達受領代理人を依頼する

通常価格 $200.00 USD

米国でCorporation (C-Corp)またはLimited Liability Company (LLC)の会社登記は、取締役および秘書役、またはそれらが指名した依頼主訴訟書類等送達受領代理人【Agent (エージェント)】の届出が必要となります。その代理人はその州内に住所を持っている必要があります。

依頼主訴訟書類等送達受領代理人が企業となる場合は、正式に州から登録を許された会社のみが依頼主訴訟書類等送達受領代理人となることが可能です。

弊社、Titisiyah Incはカリフォルニアの州務長官室(Secretary of State Office)に正式に登録された訴訟書類等送達受領代理人であり、訴訟書類等送達受領代理人サービスを行っております。そのため、会社登録をスムーズに行うことを実現し、末永くお客様とよりよい関係を保つためにも、事業書類に関するサポート体制を万全に備えて、準備しております。

オプションとなりますので、お申し込み時にオプションプランとして選択し、起業プランと共にお申し込みください。

<訴訟書類等送達受領代理人が必要な例>

  • まず起業登記を行い、ゆとりをもってアメリカ進出の準備を進める予定のため、まだアメリカに郵便物を長期的に開封し管理する住所を持たない予定の場合
  • アメリカ進出に伴い、事業展開に集中したいので、郵便物などをしっかりと管理する余裕がない。色々な地域を飛び回って、不在になっている可能性の方が高い。
  • アメリカと日本を行ったり来たりしており、起業、ビジネス登録に関しての書類を管理するゆとりがない。
  • LLCやCorporationの登記の場合にアメリカに居住している人を選任せよと指示があったけれども、自分もまだアメリカに長期滞在しているわけではなく、友人たちも引っ越しをする可能性などがある。州認定の訴訟書類等送達受領代理人で、日本語も使えるサービスの方が将来的に有利だと判断している。

料金プラン

訴訟書類等送達受領代理人サービス $200.00 / 年
※1年更新ですが、2年目からはクレジットカード引き落としとなります。